12月7日 (火)  残念だ

今朝3時ちょっとに亡くなったの… 朝電話が来た
先日の法事で具合が悪くあと2週間位って聞いていた矢先の出来事だった

亡くなったのは母のお姉さんの旦那様。お姉さんはやっと一周忌が終わったばかりなのに…
叔父さんには小さい頃から随分と可愛がって貰ったし、母の入院中は本当に金銭的にも物質的にもお世話になりっぱなしだったんだ。
同じ甥っ子や姪っ子達は怖い叔父さんって言ってたけど、私は別に怖くなんて無かったし、一人でよく泊まったりもした。本当に可愛がってくれたんだ。

強靭な体力で100歳まで生きるんじゃないの? なんてつい最近まで冗談を言ったりしていて、本当にそうなって欲しいと思ってた。けど、叔母さんが亡くなってからはめっきり元気がなくなって…
残念だけど仕方が無い。人は必ず別れなければならない時が来る。残った人間が何時までもメソメソしていては故人が迷ってしまう。悲しいけど暫し分かれよう。何年も経ってから私があちらに渡る時、迎えに来て欲しいと願う。

今日は白菜を見るのも嫌! なんせ売り出しで白菜を20ケース切ったから--;
3ケースなんて15分で売り切れさ(苦笑)
最後には白菜を持って行くおばさんが憎たらしくさえ思えてきた(笑)
だって、1箱4玉入りの大きな白菜。半切りで77円だったから飛ぶわなぁ〜
今日の夕飯、鍋だったら怒るわ! 私。。。